ご予約・ご相談はこちら
ご予約・ご相談はこちら

インビザラインのメリット・デメリット

メリット・デメリット
Pocket

ねもと歯科クリニック、院長の根本有紗です。

早いもので、もう11月ですね。すっかり札幌は寒くなってきましたね。
先日導入したインビザラインのお問い合わせもたくさんいただいております。ありがとうございます。

そんなインビザラインですが、まだまだ分からないところもある方も多いと思いますので、今回はインビザラインのメリットおよびデメリットについてご紹介したいと思います。

矯正治療と言っても色々な方法があり、新しい治療方法であるインビザライン治療にも、メリットとデメリットがあるので、歯並びの治療法で迷ってらっしゃる方のお役に立てると幸いです。

インビザラインとは?

まず、インビザラインの基礎知識を簡単におさらいします。

インビザラインとは、以前のワイヤーでの矯正のように直接装置やワイヤーを歯につけるのではなく、マウスピースを用いて歯を動かす、いわば『マウスピース矯正』のひとつです。

今までのマウスピース矯正との違いは、技工士がマウスピースを製作するのではなく、コンピュータで少しづつ歯を仮想で動かしていったものを3Dプリンターで製作することにより、今までより難しい治療でもほとんど全ての治療でこのマウスピース矯正を行えるようになったということです。

米国アライン・テクノロジー社は、
1999年、マウスピース型矯正治療「インビザライン・システム」を、米国の矯正歯科医師を対象に提供を開始いたしました

目立たず、透明に近い、取り外しが可能な新しいアプローチの歯科矯正インビザライン・システムは、
現在、世界100カ国以上の国々で提供され、
これまでに420万人を超える患者様が治療を受けられています(2016年12月現在)

アライン・テクノロジー社について|インビザライン公式HP

インビザラインのメリット

目立ちにくい

マウスピース矯正を選択する上での最大のメリットの一つと言っていいでしょう。
装着するマウスピースは透明なので、歯の表側に矯正装置を装着する方法などと比べて、非常に目立ちにくいというメリットがあります。

但し、表面に何も装置が出てこない、歯の裏側に矯正装置を装着する方法と比較すると、やはり『マウスピースを付けているな』というのは分かりますので、目立ちづらいがまったく見えないという訳ではないというところは気をつけましょう。
より目立たない方法をご希望の場合には、裏側に装置を付ける方法もご検討されるとよいかもしれません。

通院頻度が少ない

コンピューターにより歯の動きをシミュレーションするインビザラインは、毎回型取りをしてマウスピースを作成する必要が無いため、通院頻度を少なくする事が出来ます。

平日にはなかなか通院が難しく、土・日は混んでいて予約が取りづらい。遠方で通院に時間がかかってしまう。など、通院による負担は思ったよりも大きいもの。
特に、北海道の冬の通院は大変ですよね。。。

治療が問題なく軌道に乗れば2~3ヶ月に1度程度の通院で済むようになります。(他の治療方法では通常月1回の通院が必要になる。)

ワイヤーの矯正にくらべて虫歯になりにくい

通常ワイヤーの矯正では装置やワイヤーを直接歯につけてしまうため、歯磨きが非常に難しくなり、通常の時に比べて歯磨きが約3倍くらいの時間がかかってしまうといわれています。

インビザラインはご自身で着脱可能なマウスピース矯正のため、食事の時と歯磨きの時はお外しいただくので、歯磨きにかかる時間も矯正を始める前とほとんど変わらず、虫歯のリスクも少ないです。

マウスピースを約10日に1回交換できるので非常に衛生的

同じマウスピースの矯正でも歯科技工士が作成するものは何枚も大量に製作できるわけではありません。
2週間~1か月間同じマウスピースを使用していただくこともあるため、マウスピースも不衛生になりがちです。

その点、インビザラインは3Dプリンターを使用してマウスピースを作成するため、大量にマウスピースを製作いたします。交換は約1週間~2週間に1回なので、汚れてきてもすぐに交換ができ、使い捨てコンタクトレンズのような感覚でご使用できます。

ワイヤーの矯正に比べて親知らず以外の健康な歯を抜く可能性が低くなる

こちらは治療内容のお話になります。

このインビザラインというシステムは歯を後ろに下げるという治療を得意としています。
ワイヤーを使用した治療ですと、ミニインプラントを使用して引っ張ったり、隙間が足りないといって健康な前から4番目、5番目の歯を抜くことも多かったかと思います。

全ての症例で親知らず以外の歯を抜かない。。。
とはならないのですが、ワイヤーですと抜歯をしていた患者様の約半分がこのインビザラインですと抜歯をなしで治療することが可能になってきています。

前歯がかみあっていない『オープンバイト』というワイヤーでなおしにくい治療が簡単に治りやすい

これもまた治療内容のお話で少し難しいお話になるのですが、『オープンバイト』いわゆる前歯のかみあわせが当たっていなくて奥歯のみで噛み合わさっているかみ合わせの方、また口が開いたままのような状態のかみ合わせの方の治療がとても得意なシステムです。

ワイヤーでは歯のがたつきがほとんどなくても歯を抜かないと治せなかったこの『オープンバイト』ですが、歯を抜かずに治療できる場合も多くあります。

治療終了後も治療開始5年以内なら低価格でやり直しが何度でも可能

インビザライン治療開始から5年間保証があります。(一部の低価格なプランを除く)

ワイヤーでの治療は装置を外してしまえば、やっぱりもう少し前歯を下げたかった。。。
となってもまた装置の再装着料がかかってしまいます。

その点インビザラインは歯型をもう一度採りなおせば、治療のやりなおしも何度でも低価格で行えます(クリニックにより一部異なる場合もあります。)

インビザラインのデメリット

マウスピースを一日20~22時間の装着が必要

このインビザラインシステムは食事の時、歯磨きの時以外はほとんどつけっぱなしにしていただくことを前提としたシステムです。

マウスピースは薄いのですが、多少の違和感はあるため、仕事の時に外したい!等の融通が利きません。
また装着できない時間が多くなりますと、歯もしっかり動きませんので、装着を習慣づけることがとても大切になります。

逆に親御さんに勧められてあまり乗り気ではないまま治療を開始したお子様などはこっそり外してしまっている可能性もありますしっかり長時間つけられるかどうかを考えて治療を選択するとよいでしょう。

『歯に全く何もつけなくていい』わけではない

「マウスピースの矯正」と聞くと歯に何もつけなくていいのかな。と思ってしまう方も多いと思います。

インビザラインは丸い歯も3次元的にコントロールしてしっかり動かすために、歯の色と同じ色の小さいプラスチックの突起をそれぞれの歯に設置します。(前歯だけどうしても設置したくないなど、可能な限りご要望に沿うようにもできます。)

ですので比較的審美的な装置ではありますが、歯に何もつかない、全く治療を気づかれないものではありません。

表側に装置をつける矯正と比較すると治療期間が少し長くなる場合がある

マウスピースの矯正は歯を抜かずに後ろに動かすことができると申し上げましたが、後ろに動かす治療は、とても時間がかかります。
順番に1本ずつ歯を後ろに下げていくので、全体の矯正では約半年~1年程度、治療期間が長くなる場合があります。

一般的にワイヤーの矯正でも歯を抜かないプランで治療可能な場合はマウスピースの治療も比較的早く治療を終えることができるでしょう。

表側に装置をつける矯正と比較すると費用が高い

インビザラインシステムはアライン社という会社に治療の手順やマウスピースの製作を依頼し、クリニックは治療の方針を決定するといった役割分担があります。
その関係でクリニックは約半分程度の費用をアライン社に支払わないといけません。装置代と比較すると、マウスピースの製作費用が高く、その分が上乗せされてしまい、全体の治療費は表側の矯正に比べると高くなってしまいます。

裏側に装置をつける舌側矯正もオーダーメイドで装置の位置を決める必要があり、装置の製作にインビザラインと同等程度の費用がかかるため一般的にインビザラインと舌側矯正(裏側矯正)は同じくらいの料金設定のクリニックが多いです。

費用の支払いが前払いになってしまう

ワイヤーでの矯正治療の場合、装置をつけてからも月に1度きれいに並ぶよう調整を続けていかないと歯はきれいには並びません。ですので、ご費用のお支払いも治療終了までの分割という形で承ることもできます。(一部できないクリニックもあります)

しかし、インビザラインの場合はコンピュータ上でシュミレーションし、治療終了までのマウスピースが全て一括でクリニックに到着します。効率的で患者様の調整へのご来院回数も少ないのでとてもよく思えるのですが、治療終了までのマウスピースが全てクリニックに届いてしまうため、患者様には前払いでご費用をいただく事となってしまいます。

当院では一括現金以外でも対応できるよう現金でのお支払いの他、カード払いやデンタルローン等も対応しておりますが、ワイヤー矯正のような治療終了までの分割というお支払い方法をとることが残念ながらできません。

さいごに

いかがだったでしょうか?

最近は歯科もコンピュータを使用した最新の治療がたくさん出てきています革新的なものもたくさんあるのですが、全て完璧というわけではありません。
インビザラインもとても素晴らしい治療ですが、メリットもあればデメリットもあります。

以前は矯正といえばワイヤーや装置を歯の表につけて。。。というものだけでしたが、他にもいろいろな方法が出てきました。

ねもと歯科クリニックでは、現在インビザラインの患者様の無料カウンセリングを行っております。

ご迷惑をおかけしておりますがただいま患者様の数が非常に多くなってしまっております。
新規の受付については、通院回数の比較的少ないインビザラインの患者様を優先的にご案内しておりますため、電話やメールの際はインビザラインのご相談とお申し付けくださいませ。

治療に関するお問い合わせ

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*