目立たない矯正治療2種|インビザラインVS裏側矯正

インビザラインアライナーとリンガルブラケット模型

こんにちは。ねもと歯科クリニック院長の根本有紗です。

2017年から導入しておりましたインビザライン治療もご好評いただいておりまして、インビザラインご指名でのご相談をはじめ、治療を開始される方も早速たくさんいらっしゃっております。

誠にありがとうございます。

当院ではなるべく費用を抑えて矯正治療が受けられる事、様々な矯正治療の中からご自身のライフスタイルに合った治療を選択していただける事を大切にしています。

その中で、よくご質問があるのが、目立たない矯正をやりたいがどの治療がいいのか?という事です。

そこで、本日のお役立ち情報は目立たない矯正治療の種類とそのメリット、デメリットについてご紹介していきたいと思います。

目立たない矯正方法とその違いについて

以前は表側につける矯正が主流でしたので「目立たない!」となると透明な装置や白いワイヤーにする、といったのがほとんどでした。

現在でも表側に装置をつけるマルチブラケット法という矯正治療は王道として君臨していますが、日本人の方には「目立つ」「恥ずかしい」といったイメージが先行してしまっているようです。

そういったデメリットを解消するために開発されたのが歯の裏側に装置をつける裏側矯正(舌側矯正)です。
そして近年では、コンピュータの目覚ましい発達により、患者様の歯並びを3Dでコンピュータ上で再現し、仮想で治療を行い3Dプリンターでマウスピースを作成する治療まで出てきました。

このマウスピース矯正治療がインビザラインです。

現在ある審美的な矯正治療は大きくわけるとインビザラインのようなマウスピース矯正と裏側矯正(舌側矯正)の2種類です。

本日は目立たない矯正治療であるインビザラインと舌側矯正(裏側矯正)を比較し、メリット、デメリットをお伝えしたいと思います。

インビザラインと舌側矯正とは?

インビザライン

インビザラインはざっくり言いますとマウスピース矯正です。

しかし、今までのマウスピース矯正は歯科技工士や歯科医師が患者様の模型を動かして作成していたため、前歯のみきれいにしたい等の部分矯正は可能だったのですが、全体矯正となるとクオリティーが低くなっていたものでした。

しかし、このインビザラインはコンピュータでどの歯をどのように動かせばよい、という膨大なデータを元に再現性の非常に高い治療を行う事ができるようになったため、ワイヤー矯正で治療するほとんどの治療をこのインビザラインでも行うことができるようになりました。

舌側矯正(裏側矯正)

こちらは歯の裏側に直接装置、ワイヤーを装着して治療する方法です。

基本的にはの表側には装置は着きませんので、他の方に治療中と気づかれる事なく治療できる方法です。
従来の表側の矯正の装置を小さくし、裏側につけたといったイメージで、毎月調整を行い歯並びをきれいに改善していきます。

上の方がより治療が目立ちやすいため、上のみ裏側、下は表側といったハーフリンガルという治療法も多く選択されています。

インビザラインと舌側矯正どっちがよい?

①審美性

まず、審美性です。舌側矯正は表側から装置がつかないので、治療している事すら気づかれない場合があります。

それに対して、インビザラインですが、薄い透明なマウスピースなのですが、何かしら入っているな、というのはわかってしまいますので、舌側矯正の方がより審美的といえます。

②清掃性(ブラッシングのしやすさ)

次に歯ブラシのしやすさです。

インビザラインは取り外して歯磨きができるのですが、舌側矯正(裏側矯正)は裏側の見えにくい部分にワイヤーや装置があるのでとてもお掃除が難しいです。

すので、清掃性ではインビザラインが有利といえます。

③費用

ほとんどの歯科医院でインビザラインと舌側矯正はだいたい同じ金額である事が多いと思います。

しかし、インビザラインは通院する頻度が他の矯正治療の方法と比べて少ない事。
上下で舌側矯正となると100万円近くかかってしまう医院もありますので、少しインビザラインの方が安いという感じはあります。

追記2022/11:インビザラインはアメリカの物価高騰に伴い値上がり傾向にあるため、今後は治療費が高くなってしまうかもしれません。

ちなみに当院ではインビザラインとハーフリンガル(上のみ舌側矯正)は60万円と同じ金額で設定しております。追記2022/11/14:価格改定によりインビザラインの金額が変更となっております。詳しい治療費についてはこちらから。

④治療期間

治療期間は歯を抜く抜かないや、どのように動かすか、によってかなり差が出ます。

また装置(マウスピースなのかワイヤーなのか)によってこの歯並びはこの装置で治すと早い!
といったのがあったりします。

ですので、治療期間はお一人お一人がご相談に行かれて聞くのがよいかと思われます。

⑤抜歯頻度

(歯を抜く治療になるか、抜歯しなくてすむか)

インビザラインには歯を後ろに動かす治療が得意!
といった特徴があります。

その特徴を生かして今までワイヤーの矯正では歯を抜く!
と診断されていた方の約半分は歯を抜かずに治療する事ができるようになりました。
(親知らずは抜かないといけない場合もあります)

ですので歯を抜かずにかつ目立たない治療となるとインビザラインがよいということになります。

おわりに

皆さま、本日のお役立ち情報はお役に立てましたでしょうか?

矯正治療も日進月歩、どんどん進化しています。
歯の表側に装置をつける方法が一般的だといわれても、いざ矯正治療をやろうとなったら人から目立ったらどうしよう、など、見た目も気になってきますよね。

現在はマウスピース治療や裏側矯正もあり、目立つ装置をつけなくても治療が可能なのですよ。


ねもと歯科クリニック|札幌・大通りエリアの矯正歯科
北海道札幌市中央区南1条西9丁目1-15井門札幌S109 1階
TEL:011-206-4183

SNSでもご購読できます。