ご予約・ご相談はこちら
ご予約・ご相談はこちら

歯がしみる3つの原因とその治療方法

歯がしみて困っている人
Pocket

こんにちは。ねもと歯科クリニック院長の根本有紗です。

歯がしみると、「虫歯かな?」と思ってしまう方も多いですよね。
特に歯の健康に意識の高い方ほどそう感じていらっしゃる方が多いように思います。

楽しいお食事の時間であっても、もし歯がしみてしまったら、なかなか心から楽しむことも出来なくなってしまいますよね。

本日は、なぜ歯がしみてしまうのか?
その原因と治療法についてご説明していきますね。

歯がしみる原因

歯がしみる原因は、大きくわけて以下の3つです。

1.虫歯

虫歯も小さいと症状が出ない場合も多いのですが、ある程度の大きさになると、しみるという症状が出てきます。甘いものを食べるとしみる、冷たいものや熱いものを食べるとしみるといった感じです。

虫歯による歯のしみ

歯の表面のエナメル質や象牙質といった組織が虫歯菌によって溶かされていき、神経に近くなってくると冷たいものや食べ物のカスの圧迫などでしみるようになるという仕組みです。

次に紹介する知覚過敏と比べ、痛みが長時間続く、歯に変色が見られる、などの特徴があります。

2.知覚過敏

実は歯がしみるという症状の原因で一番多いのは知覚過敏です。

知覚過敏で歯がしみる

人の歯茎は歯周病がなくても加齢とともに歯茎が退縮していきます。歯茎が退縮すると歯の根が見えてきます。

歯の根は、元々歯茎から出ている部分と違って、エナメル質という硬い殻のような組織がありません。象牙質という顕微鏡でみると穴のあいた組織がむき出しになってしまっている場合が多いんです。

その象牙質の穴の部分は歯の神経と交通していて、刺激するとしみてしまうのです。

これが知覚過敏の原因です。

3.その他

人の感覚は様々です。ですので、痛いというのとしみるというのは感覚が似ていて、様々な状況でしみるという感覚が出てくる場合があります。

例えば神経が死んでいる歯で、歯がしみるはずがない!という患者様でも歯茎の腫れ、痛みがしみるという感覚に感じていたりする場合があります。

ですので、歯がしみると感じていても実は歯茎が痛かったり、歯が悪くなっている場合もあるんですよ。

歯がしみる場合(知覚過敏)の治療法

歯がしみるといった場合、一番多いのが知覚過敏です。

本日は知覚過敏になった際の治療法についてご説明していきます。

1.歯のシミ止めを塗る

まず、私が特に気をつけていることが、なるべく歯を削らずに抜かずに治したいという事です。

というのも、歯を一度削って詰めると、その詰めた修復物は平均5~10年しかもたないというデータがあるためです。数年後にまた削って詰めるという治療を繰り返すと、ただでさえ小さな歯がどんどん無くなっていってしまいます。

そのため、まずは歯を削る必要のない、シミ止めを塗っていくという治療から始めます。

しみる歯に薬を塗る

シミ止めの薬剤は、むき出しになってしまっている象牙質の穴(神経と交通している部分)を塞ぐという目的があります。歯ぐきが下がり、象牙質が露出してしまっている部分を確認し、薬剤を塗り込みます。

この薬剤は、1回目、2回目で効果が現れなかったとしても、3回目で初めて効果が出るという事例もあります。そのため、当院では1回の塗布に時間をかけるだけでなく、薬の効果が出なかった場合も、合計3回ほど繰り返し薬剤を塗布するようにしています。

薬剤の塗布によって効果が出た場合、薬剤は神経と交通している穴の奥までしっかりと入り込んでいるため、その効果は長期間持続します。

2.表面を削って詰める

シミ止めを念入りに塗ってもなかなか効果が出ない場合もあります。

そのような場合には、歯の表面を削って詰めます。

これは象牙質の封鎖をより確実にして、刺激を減らすという目的で行います。表面一層でも削ってしまいますので、治療は慎重に行うようにしています。

この治療まで進むと、ほとんどの人はしみを感じなくなります。

3.神経を取る

どうしてもシミがとれず、生活に支障が出てしまっている場合にはやむを得ず神経を取ります。
神経を取ると痛い、しみるという感覚はなくなりますので、ほぼ100%しみる事はなくなります。

しかし、神経を取るには歯を大きく削らなければいけないので、それによって歯がもろくなってしまいます。ですので、安易に神経を取るのではなく、生活に支障がある場合のみにしています。

神経を取らないといけないほどのシミというのは、何かの刺激に強く反応してしまう歯髄炎の症状が出ている場合もあると考えられます。

歯髄が炎症を起こしてしまいますと、普通の冷たい、あつい、触っているという刺激も、すごく痛いものとして感じてしまいます。ですので、神経を取らないと症状が治まらないと考えています。

最後に

歯がしみる!というのは意外と嫌なものです。
私自身、フロスをすると歯がしみる部分があるので、その部分のフロスをするのがすごく嫌だな、と感じてしまいます。

というのも、歯の神経の中にある感覚は「痛い!」と感じる感覚しかないからなんですね。
「しみる!」というのは「痛い!」というのと、感覚としては同じものなのです。

しみる症状のほとんどが知覚過敏なのですが、虫歯や他の病気である場合もあります。
虫歯であっても、まだ初期の段階であれば簡単に治療を行うことが出来る場合もありますので、痛みを感じたら一度歯医者さんに診てもらうといいですね。

 

札幌の予防歯科 ねもと歯科クリニック

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*