ご予約・ご相談はこちら
ご予約・ご相談はこちら

小さいうちに矯正治療を始める3つのメリット

小児矯正
Pocket

こんにちは、ねもと歯科クリニック院長の根本有紗です。

矯正治療というと、必要だと思っているのだけれど、いったいいつ頃から治療を始めるのがいいの??
と、疑問を持つ方が多いかと思います。

そこで本日は、小さいうちから矯正治療を始める事のメリットについてご紹介したいと思います。
早くから矯正治療を始めることにはとても大きなメリットがありますので、ぜひご検討中の親御様の参考になればと思います。

小児矯正は咬合誘導と言っている歯科医院もあります。

咬合誘導の中には顎の大きさだけ整えるという治療もありますが、ねもと歯科クリニックでは小さい時からかみ合わせや顎の大きさを適切に整えて、さらに1本1本の歯もきれいに並べて行く事でお顔も歯もきれいに整えていけるような治療を目指しています。

また、一部顎の成長を抑制してしまう歯並びがあれば、それを部分的に治す事で、装置1個で顎の成長を正常に促すような治療も行う事ができます。

それでは小さいうちから矯正治療を始める事によるメリットを見ていきましょう。

お顔の骨格を変えてきれいな顔立ちにすることができる

顎の成長をコントロール

早くから矯正治療を始める事の最大のメリットは、矯正装置によって顎の成長を良いようにコントロールする事が出来るという点です。

人によって顎の成長は様々です。上の顎が出ている人もいれば、下顎が出ている人もいます。
逆に成長が少ない方もいて、上顎や下顎が小さい人、上も下も顎が小さいという方もいらっしゃいます。
しかし、上と下のバランスが崩れていると、お顔全体のバランスも崩れてしまったり、歯かみ合わせも悪くなってしまいます。

小さい頃から矯正治療をする事で、顎の成長をコントロールする事が出来るため、お顔のバランスをきれいに導く事が可能です。

また、歯が伸び過ぎてしまっていると、全体として面長のお顔になってしまいますが、成長期に矯正治療をすることでそれも抑えることができ、小顔効果も期待できます。

抜歯なしで矯正治療を行う事ができる

顎のアーチを大きくできる

特に最近のお子さんは、歯ならびのアーチが小さい子も多いようです。

歯の大きさは丁度いい大きさでも、歯ならびのアーチが小さいと、歯がならびきれずガタガタになってしまいます。

子供の頃から矯正治療によって顎の骨格を横に広げていくと、骨格ごときれいで大きい歯のアーチになり、多少大きい歯でもおさまります。

骨格の変わらない大人では、歯のがたつきを直すために歯を抜いて矯正治療を行うしかありませんが、子供では顎の成長を促進することで、歯を抜かずきれいな歯ならびを手に入れることができます。

また、顎のアーチは前に広げるのではなく横に広げていきますので、口元もきれいでより美しい歯並びになります。

歯茎が下がってしまう事が少ない

歯を支える骨を作っている骨格の大きさも、成長が止まると止まってしまいます。

骨格の成長が止まってから歯のアーチを広げると、顎の骨格から歯が外に飛び出してきてしまうので、歯茎が下がって歯周病の方のような見た目になったり、歯がしみたりしてしまいます。

しかし、子供の頃から治療を行う事で骨格ごと成長を促進し、自然で歯茎が下がらないように治療をすることができます。

 

このようにメリットの多い治療方法ですが、デメリットもあります。

ぜひ小さいうちから矯正治療だ!と思った方も、このようなデメリットがあることも頭にいれておいていただければと思います。

装置をつけてくれないと歯が思ったように動かない

装置の装着は1日14時間以上必要

お子様ですと、ご両親がお子様の歯ならびをきれいにしてあげたい、と考えて矯正治療を始める事が多いのですが、その本人はまだ気歯ならびを気にしていない、という事もあります。

当院でも美人なプリンセスになろうね!王子様になろうね!と頑張ってお子さんの気持ちを高めようとするのですが、どうしても装置をつけてくれない子もいます。

習慣づけが大切

つけない習慣ができてしまうと歯を動かすことが出来ないので、そのまま治療は進みません。お子さんの様子を見て、できるだけ低年齢から、この装置は口に入れるもの!と習慣づけるのがよいでしょう。

治療期間が長くなるので費用が高くなる

ねもと歯科クリニックでは矯正の本体の治療費は年齢によって変わらないのですが、月に1回の装置の調節には調整料がかかります。

そのため、治療期間が長くなると、その分だけ調整料が少し高くなります。

また、医院によっては子供の矯正は1期治療、大人の矯正は2期治療と子供の矯正料金は安いけれど、2期治療で高くなるという事もありますので、費用の面についてはどのような仕組みになっているのか事前にしっかりと確認しておきましょう。

最後に

ねもと歯科クリニックでは、矯正治療をもっと身近な治療として沢山の方に行っていただきたいと思い、小児の装置作成は極力外注を使わずに自院で作成することによって、患者様へのご費用の負担を少なくするように心がけております。

もし、ご費用が成人の矯正より多少高くても、お子様のお顔立ちや歯並びを歯を抜かずにきれいにしたいな、と思われた方はぜひ一度ご相談下さいね。

 

札幌の予防歯科 ねもと歯科クリニック

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*