ご予約・ご相談はこちら
ご予約・ご相談はこちら

八重歯はチャームポイント?!問題点と治し方をご紹介

Pocket

こんにちは、ねもと歯科クリニック院長の根本有紗です。

八重歯は可愛いとかチャームポイントだとか言われる事も多かったりしますよね。

しかし、そんな八重歯も年齢と共に見た目が悪くなってしまったり、噛み合わせが悪いことで歯全体が悪くなってしまったりと、意外と知られていない問題点も多いんですよ。

今回は、そんな八重歯の問題点と治療方法をご紹介したいと思います。

小動物っぽくてキュート 八重歯とは

八重歯とは正式な名称ではないのですが、前から3番目の歯(犬歯)が、隣り合っている歯よりも前にある状態をいいます。

顎が小さく永久歯が生える際に十分なスペースが無かったため、歯が正しく並ぶことが出来ず生じるといわれています。

他の歯のラインよりも犬歯が外側にあるので、八重歯のある部分の頬の肉がその八重歯に押されて膨らんで見えるので、お顔もちょっと動物っぽい顔つきになります。

あまり知られていない八重歯の問題点

犬歯が噛み合わさっていない

八重歯になると歯列の前に犬歯が出っ張っているので、下の歯と噛み合わさっていない事がほとんどなんです。

さて、ではこの犬歯ってどんな歯でしょうか?
皆さんにとって犬歯は実はとっても大切な歯なのです。

なぜそんなに犬歯が大切かというと、犬歯は他の歯に比べて非常に長くて太い歯です。
太くて長いという事はとても強度のある歯だという事ができます。

お年を取っていって、歯がどんどん虫歯や歯周病や入れ歯の負担で抜けてしまっても、最後まで残っている歯が多くの割合で犬歯なんです。

その大切な犬歯がきちんと下の歯と噛み合わさっていないとどうなってしまうのか?

他の歯にその分の負担がかかってしまうんですね。

弱くて細い前歯の方に負担がかかったり、奥歯に過度な負担がかかってしまったり。
そうすると、前歯や奥歯が歯が割れてしまったり、ヒビが入ったりしてしまう事も多くあり、結果として他の歯の寿命が短くなってしまう可能性があります。

犬歯って要になる大切な歯なんですね。

八重歯は歯茎が下がりやすい

八重歯は歯列より前に飛び出していますよね。

前に飛び出している部分は非常に歯茎が薄くなってしまっているんです。

ですので、歯磨きの時に少し力が入ってしまったり、歯周病にかかってしまったときも、歯茎が他の歯よりも余計に多く下がって、しだいに歯が非常に長く見えてしまうようになるんです。

若い時にチャームポイントだった八重歯が、ご年齢を重ねるごとにきれいでなくなってしまう理由はそこなんですよね。

ですので、若い頃はかわいいかもと思っている八重歯も、歳を経るとそうも言ってられなくなってしまうので、時期を見て治療されるのがおすすめです。

虫歯や歯周病になりやすい

このことは他の歯の場合にも言える事なのですが、歯並びが悪くガタガタのある歯は、非常に歯ブラシが届きにくい状態になっています。

ですので、残ってしまった汚れにより虫歯になったり歯周病になったりし易くなってしまいます。

歯にがたつきのある人は、ない人の何倍も時間をかけて歯を磨かないと、なかなかついた汚れをきれいにすることはできません。

つまり、将来虫歯や歯周病にならないようにするためにも、歯並びをきれいに整えることはとても大切なことなんです。

※ご自身の歯を長く維持するためには虫歯と歯周病を予防することがとってもとっても大切です。『虫歯や歯周病予防の大切さ』でも詳しく解説していますのでぜひ読んでみて下さい。

八重歯の治療法

そんな八重歯を治療する方法は大きく分けて3つあります。

  1. 削って八重歯を目立たなくする
  2. 八重歯を抜いてしまう
  3. 歯列矯正(矯正治療)で歯を動かす

それぞれの方法について少し見ていきましょう。

1.削って八重歯を目立たなくする方法

こちらの方法は、歯を削る事によって歯列不正を治すという方法です。

ただし、八重歯が隣の歯よりかなり飛び出している場合には難しい方法となっています。

メリット

  • ● 短期間の治療(2回~6回程度の通院)で歯並びを治す事ができる
  • ● 被せ物を被せる事で噛みあっていなかった歯の噛み合わせも作れる場合もある
       (歯列不正が大きい、八重歯が大きく飛び出している場合は難しい)

デメリット

  • ● 健康な歯を削らないといけない
  • ● 歯列不正が大きい(八重歯が大きく飛び出している)場合には、噛み合わせはできない場合が多い
  • ● 歯茎の下がり易さに変わりはない
  • ● セラミック治療になると保険が効かない(3万円~10万円程度)

2.八重歯を抜いてしまう方法

歯列不正になっている八重歯自体を抜いてしまうという方法です。

八重歯だけ飛び出していて他には歯列不正がない場合に行われますが、こちらの方法をおススメできる状態にある方はあまり多くありません。

メリット

  • ● 短期間の治療でできる
  • ● 頬の肉のツッパリがなくなるので、お顔のイメージを変えられる

デメリット

  • ● 非常に強い歯を失ってしまうため、他の歯に負担がかかり易くなる
  • ● 健康な歯を抜く事になってしまう

3.八重歯を歯列矯正で治療する方法

矯正治療(歯列矯正)によって歯並びをきれいにしてしまう方法です。

他の方法と比べて時間と費用がかかってしまいますが、条件が合えばこちらが最も望ましい治療方法となります。

メリット

  • ● 強い歯を削らずにかみ合わせを変えることができる
  • ● 健康な歯を削らなくて済む
  • ● 歯茎が下がりにくくなる

デメリット

  • ● 時間がかかる(全体矯正の場合1年半~2年)
  • ● 保険が効かず費用が高い(50万円前後)

まずは歯医者さんに相談してみよう

八重歯はご紹介したように色々な歯の問題につながるので、なるべく早く治療をしたほうがいいでしょう。

できれば、歯を削らず、抜かず、歯列矯正(矯正治療)をするのが一番望ましいです。しかし、費用や期間の問題もありますので、まずは一度歯医者さんに生活事情も含めて相談してみるのがよいでしょう。

ねもと歯科クリニックでも八重歯の治療、矯正治療のご相談も受け付けております。

セラミック治療や矯正治療(歯列矯正)も比較的安く提供しておりますので、ぜひともご相談お待ちしております。

 

札幌の予防歯科 ねもと歯科クリニック

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*