ご予約・ご相談はこちら
ご予約・ご相談はこちら

歯の予防

歯のクリーニング、メンテナンス(予防歯科)

抜かない、削らないの前に虫歯や歯周病にしない

当院では治療はもちろんですが、治療が終わった後、定期的に歯のクリーニングを行うメンテナンスに力を入れています。
理由は、歯は痛くなってから行くよりも定期的にメンテナンスをした方が費用も安くすみますし、見た目もきれいですし、痛い思いもしなくてすむからです。
昔の歯科医院は歯を抜く、削るというのがほとんどでした。しかし、最近ではなるべく歯を削らないように、抜かないように……というのが主流です。
ですが、いったん虫歯になって詰めたり被せたりしてしまったものは約10年でまた虫歯になってしまうということがわかっています。
歯は小さいので、削るほど自分の歯は小さくなってしまい平均5回ほどでその歯は抜かないといけなくなってしまいます。
つまり、これからは削らない抜かない、のその前に歯をむし歯や歯周病にしないというのが必要です。
また、むし歯治療、歯周病治療が終わっておしまいではなく、その後いかにしてそのいい状態を維持できるかというのが重要になってきます。

抜かない、削らないの前に虫歯や歯周病にしない

日本人は寿命も長く80歳くらいまで生きるようになってきました。6歳から12歳で生えたその歯は70年ほど使い続けないといけないのです。
そのためにはその人一人一人に応じた予防、メンテナンスのプログラムが必要です。また、その年齢によってもむし歯や歯周病にやりやすい部位、危険度が変わってきます。
当院ではクリーニングのみでなくメンテナンスプログラムの中に歯磨きやフロス、歯間ブラシ、等の指導、生活習慣の中での注意点もご指導させていただきます。
またお口の中の写真、レントゲン等の資料をしっかり保管し、いつでも以前の状態と比較できるように体制を整えております。

20歳以上の80%がかかっている歯周病

治療費に関しましても歯周病や歯肉炎等の病気は成人の80%がかかっており、歯周病治療のための歯石除去に関しては保険の適応となります。歯のクリーニング(PMTC)、ヤニとりに関しましても自由診療で高額な医院もございますが、柔軟に歯周病治療の歯石除去の一環として行わせていただきます。

【PMTC】プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング
歯磨きをしていても、すでに歯に定着して個人では落とすことの出来ない汚れや、プラークの元となるバイオフィルムを歯科医師、歯科衛生士が専門の機器や技術を使って除去すること。虫歯予防、歯周病対策として効果的。

60歳以降に歯は徐々に抜けていく

50歳くらいまでのみなさんは歯医者さんに痛い時だけ通っていて、何の不自由もしていないと思ってらっしゃる方も多いと思います。
40歳くらいから歯は1本、また1本と少しづつ抜けていくのですが、実際に困るのは歯が8本ほど抜けてブリッジができなくなった時です。
ブリッジは固定性のもので違和感が特にないのですが、入れ歯になった途端、食べられるものに制限が出てきます。また噛み合わせの力が残った少ない歯に集中し、歯の抜けるスピードがどんどん加速していきます。

歯周病も成人の80%がなる病気で、1本の歯だけでなく、お口全体で起こるのですが、自覚症状がないことも多いので、少し歯がグラグラしてきたかな、という時には全ての歯が手遅れで抜かないといけない場合も多いです。
大切なことはこのようになってしまう前に定期検診を受けることです。
60歳(現在では65歳)で定年を迎え、さあ旅行に行こう、おいしいものを食べようと思った時に、肝心の歯がないのです。

定年前にやっておけばよかった事1位が歯の検診にいけばよかったということ

実際に定年後の方にとったアンケートで、定年前にやっておいた方がよかったことの1位が「歯の定期検診に行っておけばよかった」というものでした。
実際日本でも歯の定期検診が少しずつ定着し、メンテナンスに通っていれば歯を2本以上失う人がいなかった、という医院があるほどメンテナンスは効果を発揮しています。

楽しくメンテナンスを続けるための工夫

しかし、長く続けていただけない人も多くいらっしゃいます。やはり、自覚症状がないとなかなか続けようとはならないものです。
当院ではメンテナンスを続けていただくために様々な工夫をしています。

メンテナンスは痛くない、気持ちが良い、終わったあと口の中がさっぱりする。
- お口の中のお写真をとり、提供させていただくことで効果を実感していただく
- クリーニングだけでなく、しっかりした検査を行いその説明を行う。
- 唾液検査を採用しております。虫歯や歯周病のリスクを検査し、判定することで、将来どのくらい虫歯のリスクがあるかをお見せすることができます。
- 歯の健康ノート
- 予約をとっていただいた患者様をお待たせせず、時間どおりに帰っていただくよう配慮を行う。

予防のための治療

シーラント
虫歯にならないために前もって虫歯になりそうな歯の溝を前もって詰める治療です。
歯の溝はすごく複雑でものが詰まりやすく、歯ブラシでも落とない場合もあります。
そのような部位に前もってプラスチックを詰めることで虫歯を防ぐことができます。
特に小さい乳歯や生え始めで弱い永久歯には行った方がいいですね。治療も保険が効きます。
TOPへ戻る