ご予約・ご相談はこちら
ご予約・ご相談はこちら

【症例紹介】セラミック治療 札幌市在住20代女性

セラミック治療後の前歯正面
Pocket

本日はセラミック治療の症例をご紹介いたします。

今回は、前に出てしまっていた前歯をセラミックの歯に入れ替える事で歯並びを整えるという治療です。

治療期間や費用という面で、矯正治療と比較すると患者様の負担が少ない治療方法となっていますので、ご参考になればと思います。

札幌在住 20代 女性

こちらの患者様は、前歯が出ているのが気になるため、治したいという事でご来院いただきました。

治療前に撮影したお写真がこちらです。

セラミック治療前の前歯正面

セラミック治療前の前歯左側

セラミック治療前の前歯右側

治療方法を決めるまでの流れ

出ている前歯を治療する方法としては、歯列矯正を行う方法と、セラミック治療を行うという2つがありました。

それぞれの治療方法のメリット・デメリットは次のようになっています。

歯列矯正

メリット

  • ● 歯を削る必要がない。

デメリット

  • ● 治療費が高くなる。
    ※矯正治療の金額については、こちらの『矯正治療 金額表』をご参照ください。
  • ● 治療期間が長くなる。(今回の場合には約2年程度)

セラミック治療

メリット

  • ● 短期間で治療を終える事ができる。(2~3か月程度)
  • ● 負担金額を抑える事ができる。

デメリット

  • ● 健康な歯を削り、神経を取り除く必要がある。

できる限り健康な歯を削らないという視点で考えると、矯正治療によって歯並びを整えていくという方法の方がより望ましいということになります。

しかし、長い間歯にワイヤーを付けて矯正治療を続けていなければならないという事で、患者様の負担は大きくなってしまいます。

それぞれの治療方法の内容について、動画なども使って詳しくご説明させていただいた上で患者様とお話し合いした結果、今回は費用面や治療期間で負担の少ない、セラミック治療という方法で歯並びを整えることとなりました。

審美歯科の詳しい内容についてはこちらの『セラミック治療』も併せてご覧いただければと思います。

ハイブリットセラミック(前歯2本)治療結果

素材はハイブリットセラミックという物を使用しています。特徴として、オールセラミックの素材と比較すると、時間と共に表面の艶が無くなってきてしまう場合があるのですが、非常に安価に作成する事ができます。

年齢と共に歯茎のラインも下がってきてしまうため、10年、20年後にはまた治療して入れ替えを考えるという場合にはとても良い選択肢ですね。

こちらが治療後に撮影したお写真です。

セラミック治療後の前歯正面

セラミック治療後の前歯右側

セラミック治療後の前歯左側

今回は矯正治療等をまったく行わず、前歯2本をセラミックの被せ物に変えるという事のみで歯並びを整えています。

そのため、歯茎のラインは前歯2本だけ上に上がったような形態にはなっていますが、形状や色合い共にとても自然な感じを出す事ができました。

治療後にご自身の歯を確認いただいた際には、「本物の歯と見分けがつかないですね!」といったコメントもいただきました。

治療期間および費用

治療期間 2か月半(来院回数7回)

根の治療・クリーニング・・・7,000円
セラミック治療(ハイブリットジャケット冠)・・・60,000円

※土台作成、仮歯作成費用を含む

まとめ

今回は、前歯が前に出てしまっているという状態を、セラミック治療という方法で短期間に比較的お安く治療することが出来ました。

治療金額のお見積りと共に、ご自身の歯の型をお取りし、模型を使って治療後のイメージなどをご説明させていただくこともできますので、同じようなお悩みをお持ちの方は、是非ともご相談だけでも一度ご来院いただければと思います。

ネット予約・ご相談

 

札幌の予防歯科 ねもと歯科クリニック

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*